わきが専門の梅田フェミークリニックだからできる総合わきが・多汗症治療

  • HOME > 
  • 診療案内

診療案内

梅田フェミークリニックの総合わきが・多汗症治療なら

症状の程度や肌質など個人差に合わせた治療

症状の程度や肌質など個人差に合わせた治療ニオイや汗の症状は、人によって適切な治療方法が異なります。症状の程度や原因に合わせ、一人一人に合わせた治療を行わなければ、満足のいく効果は期待することはできません。
特にアポクリン汗腺の多い体質の方の場合、根本的な治療を行わなければ十分な効果が現れないため、その方の体質をしっかりと判断できる医師が関わり、治療方法を検討していく必要があります。
フェミーの総合わきが・多汗症治療では、来院された方の肌質、毛量、体質を考慮し、お悩みの内容やご希望に沿ってその方に最も最適な治療方法をご提案いたします。
個人差に合わせた治療を行うことで、わきが・多汗症の症状を確実に軽減。

満足度の高い効果を得られる施術

満足度の高い効果を得られる施術「他院で治ると言われて治療を受けたが効果が出なかった」と来院される患者さまが多いのもフェミークリニックの特徴です。施術方法によって効果の高さは異なりますが、施術と効果についての説明がしっかりと行われていないためにトラブルとなるのです。治療費を払う患者様のことを考えると、満足いただける効果を提供することは最も肝心です。フェミークリニックでは、施術の内容について、詳しく説明を行い、満足度の高い施術方法を提供していきます。剪除法やシェービング法は、発汗の原因となるアポクリン汗腺やエポクリン汗腺を除去する根本的な治療方法で、時間の経過によって効果が薄れることはほとんどありません。治療前には想像もできなかったほど、汗の量が減り、それとともににおいの悩みもなくなります。つまり、一度施術を受ければ、生涯にわたってわきがのお悩みから解放されるのです。

手術跡が気にならない、美しい仕上がり

手術跡が気にならない、美しい仕上がり施術時に他人の目が気になるという方もいらっしゃいます。ワキガの施術を受けたことを他人に悟られるのは多かれ少なかれ恥ずかしいと感じるかもしれません。しかし心配は要りません。
ボトックスやミラドライの場合、切開を行うわけではないので、跡はまったく残りません。また剪除法やシェービング法の場合も、ワキのしわに沿って、小さく切るだけですので、ほとんど目立たず、時間の経過と共に薄く消えていきます。

治療内容

診療案内
ミラドライ

マイクロウェーブ照射により汗腺を破壊。短時間で高い満足度&半永久的な効果が得られます。

詳細はこちら
剪除法

ワキの下を切開し、肉眼で判断できるアポクリン汗腺をすっかり除去。保険適用治療

詳細はこちら
わきボトックス

メスを使わず、わきが・多汗症を改善するのが、わきボトックス。

詳細はこちら

わきがの治療

  • 他院で治療したが効果がなかった!
  • 人よりワキガが強くて恥ずかしい!
  • 相手がニオイを不快に感じているのではと気になる!
  • 治療に興味はあるが痛みや効果について不安だ
  • 普段どおりに生活しながら治療をしたい
  • 費用はなるべく抑えたい

わきがとは?

わきがとは?ニオイが気になると、人付き合いもうまくできなくなったり、目の前のことに集中できなかったりと、日常の生活に様々な悪影響を及ぼします。
ニオイが気になる人が最も悩んでいるのがわきがです。わきがの主な原因は汗。汗はエポクリン汗腺とアポクリン汗腺という二つの汗腺から分泌されています。
これらから分泌された汗と、皮脂腺から分泌された脂が混じりあい、雑菌によって分解されることで独特のニオイを発するようになります。
特にアポクリン汗腺が多い体質の場合、ニオイが強くなりがちです。またこのアポクリン汗腺はワキの下や性器周辺、耳の中などに集中して存在しています。ワキはさらに汗をかきやすいですから、常にニオイが強くなりやすい状態です。ワキのニオイが強くなるのはこのためです。

多汗症とは?

多汗症とは?誰でも汗はかきますが、それは本来体温調節のために必要なものです。ところが、体温調節に必要な範囲を超えて、汗が異常に分泌される場合があり、それを多汗症と呼んでいます。
原因はホルモンバランスの乱れや、体質、生活習慣、ストレスなどが挙げられていますが、たとえばストレスひとつをとってみても、完全になくすことは難しく、本人の努力だけでは治療に限界があります。症状を根本的に改善するためには、汗腺自体を除去するなど、汗をかく原因そのものにはたらきかける必要があります。

汗腺の種類と皮脂の関係

汗を分泌する「汗腺」は、2種類あり、さらに皮脂腺から分泌される皮脂も、ニオイと関係しています。どれがお悩みの原因となっているのかを突き止め、適切な治療を選択する必要があります。

アポクリン汗腺

アポクリン汗腺は比較的大きな汗腺で、思春期の二次性徴と共に増え始めます。アポクリン汗腺から出る汗は粘り気があり、濃厚です。 アポクリン汗腺から出る汗自体は無臭なのですが、これが脇の下に存在する菌に分解されると独特のニオイを発します。いわゆるワキガはこのアポクリン汗腺から出た汗が分解することによって生じるといわれています。

エクリン汗腺

エクリン汗腺は身体全体に300~500万個存在しており、身体の体温調節をするという大切な働きを持っています。
エクリン汗腺から出る汗は、さらっとして無臭ですが、汗を放置しておくと、雑菌に分解されて汗臭いニオイを発します。また、このエクリン汗腺から出る汗が、体温調節に必要な範囲を超えて多い場合を多汗症と呼んでいます。

皮脂腺

皮脂腺はすべての毛穴に存在しています。皮脂腺は皮膚の潤いを保つという重要な役目を持っていますが、過剰に皮脂が分泌されると、ニキビや吹き出物の原因となります。また皮脂に含まれる脂肪酸が酸化すると、ニオイを発します。また、アポクリン汗腺から分泌された汗と混ざり合うと、ワキガを強めてしまうことがあります。

  • 無料相談はこちら
  • ご予約はこちら